キム ダヒョン ミュージカルアニメ’ムニョド’初の吹き替えに挑戦

profile0011
記事はこちら!
キム ダヒョン、ミュージカルアニメ’ムニョド’にキャスティング。声の出演と歌まで。初の吹き替えに挑戦

俳優キム ダヒョンがアニメ’ムニョド’の吹き替えにキャスティングされた。
‘ミュージカル皇太子‘キム ダヒョンは、アニメーション界のカンヌ映画祭と呼ばれるフランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバル内WIP(Work In Progress)に選定されたミュージカルアニメ’ムニョド’でウギ役にキャスティングされ、生涯初の吹き替えに挑戦する。

金東里の短編小説である’ムニョド’は巫俗のシャーマニズム世界とキリスト教的世界観が衝突して対立する現場を描いた小説で、1982年ノーベル文学賞候補にノミネートされた秀作。キム ダヒョンは、劇中の主人公であるモファの息子に宗教問題によって母と対立している人物であるウギを務めて熱演を展開する予定だ。

特に、数多くの候補者の中から最もその役にふさわしい声であり、歌も完璧に表現できるという判断の下に’ウギ’役を任されたキム ダヒョンは普段から韓国文学に対する深い愛情を持っていて忙しい活動の最中も作品に対する研究に没頭しているという話も。

‘第40回アヌシー国際アニメーションフェスティバル’で全世界のアニメーション界が共有するほどの、革新的な作品を紹介するWIP(Work In Progress)に韓国アニメで初めて選定された’ムニョド’は、今年下半期に初恋の原型を盛り込んだ黄順元の短編小説’夕立’を原作にした同名のアニメとともに公開する予定。

実際のシャーマンと国楽ミュージカル作曲家、ミュージカル俳優など、各業界専門家たちが参加し、国内で初めてミュージカルアニメに挑戦した’ムニョド’は独特な制作技法にも視線を集めており、強烈な色彩、家族内宗教対立という破格的なテーマと、独特なキャラクター、夢幻的な雰囲気などをミュージカルアニメに形象化して多くのアニメファンの期待を高めている。

一方、キム ダヒョンは、ミュージカル’ストーリー・オブ・マイ・ライフ(Story of my life)’公演を盛況のうちに終え、現在、休息をとり、次回作を準備中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>