キム ダヒョン :ドラマ「私の男の秘密」

slider004

記事はこちら!

「私の男の秘密」のキムダヒョンの初の撮影現場が公開されました。
初の撮影は先月の10日、ソウル市龍山(ヨンサン)区で行われ、キムダヒョンは3年ぶりのテレビ復帰を目前にして、役作りに格別な情熱を注ぎ込んでいる状態。医者出身の財閥3世カンインウクという役は、異母兄弟であるカンジェウク(ソンチャンイ)と様々な状況で対立するしかない切ない事情を持った人物です。

「私の男の秘密」は「名前のない女」の後続で9月18日に初放送されます。

キムダヒョン出演情報!

slider09
記事はこちら!

キムダヒョンがKBS 2TVの新しい連続ドラマ「私の男の秘密」の主演として決定されました。

キムダヒョン演じる「カンインウク」は、財閥の祖父を持つ医者出身であり、「カンジェウク」(ソン・チャンイ)の異母兄弟。一見あっさりした性格のように思えるが、時には頑固で鋭い性格が表れ、そのギャップが魅力。

「私の男の秘密」は、「名前のない女」の後続で9月18日にKBS 2TVで初放送されます。

キム ダヒョン出演情報!

ミュージカル「神と共に~冥土編~」
https://goo.gl/mUjR4k
「死ぬと言って終わりではない」、罪の重さを量って罰を与えるあの世の定義は
勧善懲悪のカタルシスとともに、この世よりもっと人間的なあの世の姿で
もう一度観客に笑いと感動を与えてくれることを約束する。

2017年6月30日(金)~2017年7月22日(土)
芸術の殿堂CJトウォル劇場(韓国、ソウル)

 

キム ダヒョン:冥土国選弁護士ジン・ギハン役 主演

 

1494406620092

キム ダヒョン出演情報!

The 2nd 紳士たちの品格(ガラ・コンサート)
https://goo.gl/J9Fy81

決して普通じゃないガラ・コンサートが
また一層華やかになって帰ってきた!
それぞれ違う個性の4色染料が調和して作る
美しい絵のような公演

2017年7月8日(土)   15:00時/19:00時
COEX Auditorium(韓国ソウル)

出演:キム ダヒョン/マイケル リー/カイ/ユン ヒョンリョル

 

1494408974667

キム ダヒョン出演情報!

 

 

profile0011

記事はこちら!

2015年初演当時、Web漫画舞台化の成功事例として挙げられ、観客や評論家たちの大きな好評を受けた ソウル芸術団創作家舞劇’神と共に_冥土編’が一段とアップグレードされて返ってくる。

LED舞台の床を通じて7つの地獄を視覚化した華麗な舞台、原作をかっちりと圧縮したストーリー、原作キャラクターとシンクロ率100%を誇る俳優たちの自然な演技と呼吸など、数多くの好評の作品の中で、再演が最も楽しみな作品とされた’神と共に_冥土編’。

初演を共にしたキャストと新たなキャストたちが披露する幻想的な呼吸まで加わり、さらに完成度の高い公演で観客らを魅了する’神と共に_冥土編’は、6月30日から7月22日までに芸術の殿堂CJトウォル劇場で公演される。

今回の公演のチケットは、4月28日(金)午前10時から前売り券を購入する事が可能。
ソウル芸術団の有料会員に加入すると、4月25日と26日の両日間、40%割引された価格で事前予約することができる。

死ぬ前に必ず見るべき公演で、ネットユーザーらが選んだ’死ぬ前に必ず見なければならないWeb漫画’、 単行本17万冊販売、ライセンスの輸出で日本版漫画雑誌連載、ドラマ版権の販売に続き、2017年のハ・ジョンウ / チャ・テヒョン主演映画の公開予定。

‘ワンソースマルチユース’の代表例であるジュ・ホミン作家のWeb漫画’神と共に_冥土編’を、舞台言語に具現化したソウル芸術団の創作家舞劇’神と共に_冥土編’は、原作再現にとどまらず、成功的な創作物として誕生した’ワンソースマルチユース’の例として挙げられる。

初演当時、原作の中の人物たちがそのまま生きて呼吸するキャラクターをはじめ、
輪廻を象徴する直径17mの巨大な輪状建造物と地獄の風景を描き出す80平方メートルのLEDスクリーンの床など、
独創的に視覚化された漫画的想像力は、舞台の上に死後の世界を新鮮に具現化して原作の強みに舞台芸術の特性がよく出た作品として絶賛を受けた。

初演の成功にとどまらず、ソン・ジェジュン演出とパク・ソンイル作曲家が新たに合流し音楽の修正と繊細な脚色を合わせ、さらにアップグレードされた作品を披露しようとしている。
死んだ小市民キム・ジャホンが冥土の国選弁護士ジン・ギハンに会って49日間7個の冥土の関門を通過する過程と
死神カンリムが無念に死んだ怨霊を探しに出る二つの話で構成された’神と共に_冥土編’。
‘死ぬと言って終わったものではなく’罪の重さを量って罰を与える冥土の定義は勧善懲悪のカタルシスとともに
この世よりもっと人間的なあの世の姿でまたもう一度観客に笑いと感動を与える予定だ。

初演当時、原作のWeb漫画の中の主人公がそのまま舞台に飛び出たような完璧なキャラクターを見せてくれた俳優らに観客たちの間では’マンチッナム(漫画を破って出た男)’、’シンクロ率100%’などの賛辞が絶えなかった。
Web漫画の中のイメージとの’シンクロ率’が連日話題で、原作とのシンクロ率を最大の話題に愉快さとエネルギー溢れる俳優たちが、再演に大挙合流、華やかなキャストを誇る。

‘神と共に_冥土編’初演で、崩れることを恐れず自然でコミカルな演技を披露しながら、冥土国選弁護士ジン・ギハン役を完璧に演じて好評を得た俳優のキム ダヒョンと、原作Web漫画のジュ・ホミン作家が選んだシンクロ率1位らしく、漫画から飛び出してきたような完成度を誇り、初演当時の観客たちに笑いと感動をプレゼントした俳優のパク・ヨンスが、もう一度、冥土国選弁護士ジン・ギハン役にキャスティングされた。

初演で無愛想に見えるが、知ってみると、暖かい’ツンデレ’死神カンリム役を漫画的要素を生かした自然な演技で完璧に演じた俳優ソン・ヨンジン、と共に配役に対する激しい悩みと繊細な演技で絶賛される俳優キム・ウヒョンが次回作として’神と共に_冥土編’のカンリムを選択、広報撮影現場で見せてくれたシンクロ率だけでも期待感を増幅させている。

これとともに初演当時、同作品の’神の一枚’とされていた平凡な小市民キム・ジャホン役を魅力的なキャラクターとして引き出した俳優キム・ドビンが、法無しでも生きられる善良な男、キム・ジャホンをもう一度演じる。
観客たちに肯定エネルギーを放電する俳優として定評の俳優、チョン・ウォンヨンが、一生他人に残念なことを一つも言えず生きて肝硬変でこの世を去ったキム・ジャホン役でダブルキャスティングされ、特有の愉快さで観客らを魅了する予定だ。
それだけなく、ワーカホリック死神、ヘウォンメック役には初演に続き、俳優チェ・ジョンスが、カリスマあふれる演技を約束し、カンリムに向けた愛情あふれる末っ子死神ドクチュン役は、初演時熱演した俳優キム・ゴンヒェと ソウル芸術団の新鋭イ・ヒェスが交互に演技する。
また、無念な死で怨霊になったユ・ソンヨン役には、ソウル芸術団の新鋭キム・ヨンハンとイム・ジェヒョクが並んでキャスティングされており、可愛い犬猿の仲、閻魔大王と地蔵菩薩役にはクム・スンフン、キム・ベクヒョンがキャスティングされ、初演に劣らない’化学反応’を披露する予定だ。

キム ダヒョンから皆様へのメッセージ

 

韓国に戻り、ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」「ペスト」「ストーリーオブマイライフ」と1年に渡り主演公演を無事終えました。
応援ありがとうございます。
応援くださった皆様へキムダヒョンからのメッセージです。

キム ダヒョン ミュージカルアニメ’ムニョド’初の吹き替えに挑戦

profile0011
記事はこちら!
キム ダヒョン、ミュージカルアニメ’ムニョド’にキャスティング。声の出演と歌まで。初の吹き替えに挑戦

俳優キム ダヒョンがアニメ’ムニョド’の吹き替えにキャスティングされた。
‘ミュージカル皇太子‘キム ダヒョンは、アニメーション界のカンヌ映画祭と呼ばれるフランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバル内WIP(Work In Progress)に選定されたミュージカルアニメ’ムニョド’でウギ役にキャスティングされ、生涯初の吹き替えに挑戦する。

金東里の短編小説である’ムニョド’は巫俗のシャーマニズム世界とキリスト教的世界観が衝突して対立する現場を描いた小説で、1982年ノーベル文学賞候補にノミネートされた秀作。キム ダヒョンは、劇中の主人公であるモファの息子に宗教問題によって母と対立している人物であるウギを務めて熱演を展開する予定だ。

特に、数多くの候補者の中から最もその役にふさわしい声であり、歌も完璧に表現できるという判断の下に’ウギ’役を任されたキム ダヒョンは普段から韓国文学に対する深い愛情を持っていて忙しい活動の最中も作品に対する研究に没頭しているという話も。

‘第40回アヌシー国際アニメーションフェスティバル’で全世界のアニメーション界が共有するほどの、革新的な作品を紹介するWIP(Work In Progress)に韓国アニメで初めて選定された’ムニョド’は、今年下半期に初恋の原型を盛り込んだ黄順元の短編小説’夕立’を原作にした同名のアニメとともに公開する予定。

実際のシャーマンと国楽ミュージカル作曲家、ミュージカル俳優など、各業界専門家たちが参加し、国内で初めてミュージカルアニメに挑戦した’ムニョド’は独特な制作技法にも視線を集めており、強烈な色彩、家族内宗教対立という破格的なテーマと、独特なキャラクター、夢幻的な雰囲気などをミュージカルアニメに形象化して多くのアニメファンの期待を高めている。

一方、キム ダヒョンは、ミュージカル’ストーリー・オブ・マイ・ライフ(Story of my life)’公演を盛況のうちに終え、現在、休息をとり、次回作を準備中である。